加須市大門テクノストラクチャーモデルハウス3

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

本日は少しかたい話をいたします。

加須市大門モデルの構造は、地震に強いテクノストラクチャー工法です。

家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁『テクノビーム』を採用し、

オリジナル接合金具で接合部を強化し、

ムク材の1.5倍の強度を持つ集成材柱で耐震等級3相当の家が出来上がります。

全棟構造計算を実施し、地震だけでなく台風や豪雪にも耐えられる家です。

また、梁の強さにより大空間を創出でき、

夢の実現に向けてのお手伝いをしています。

なお、当モデルハウス『フォルカーサ』仕様では

長期優良住宅で求められる認定基準のうち、

8つの項目で最高等級相当の性能(耐震3、劣化対策3、温熱環境4、維持管理3、空気環境3など)をクリアしています。

見た目だけでなく中味を重視した家づくりをコンセプトに、

『安心安全で快適な家』づくりを皆さまと一緒につくっております。

いつかお会いできるのを楽しみにしております。

 

資料請求やお問い合わせはこちら→

Scroll to Top