吹き抜け特集♪メリット・デメリットをご紹介(*´ω`)

 

 

 

 

皆様こんにちは♪

 

今日は吹き抜けのあるおうち特集ですっ🥳

まずは施工例👇

 

 

 

 

 

埼玉県K様邸

 

 

どのおうちもとても素敵な空間🥺

 

 

 

~吹き抜けのメリット~

・自然光が入る、明るい家になる

吹き抜けのある家は2階の壁に窓を設置するのが一般的。
本来、天井や床がある位置がオープンになるので光が取り込みやすくなります。
また、2階の窓から入る光は1階や部屋の奥の方まで届くので

少ないスペースでも自然光を取り入れられます☀

部屋が明るいと日中に電気をつける回数も少なくなるため、

電気代の節約にもなりますね☺

 

 

・開放的で広く感じる

吹き抜けのある家は天井が最上階にしかないため、

自然と天井が高くなります。

吹き抜けのある家では壁が少ないため、広々と開放的に感じられます。

それほど広くない家でも、視覚的には広さを感じられるため、

敷地が狭いなどの条件の方にもおすすめ❣

 

 

・家族とのコミュニケーションがとりやすくなる

吹き抜けのある家は、1階と2階がつながっているため、

コミュニケーションが取りやすくなります☺

2階で勉強している子どもにご飯の用意ができたことを伝える時でも、

いちいち階段を上がる必要がなく、1階のキッチンやリビングから声をかけることができます。

 

どの場所からでもコミュニケーションが取りやすいため、

家族間の会話が増える。
また、家の中で常に家族の気配を感じられるのも大きな特徴😊

 

 

・風通しがよくなる

暖かい空気は下から上に登っていくため、

吹き抜けにすることで部屋の中に暖かい空気がたまることを防ぎ、風通しも◎
天井にシーリングファンを設置すれば、より空気を循環させやすくなり、

部屋が快適な空間に🥰

 

 

・デザイン性の高い家になる

吹き抜けは、従来の住宅には見られなかった形の家ということもあり、

おしゃれに見えるというメリットが🤩

広々とした空間は自由に使えるため、

天井からおしゃれな照明やものを吊るしてみたり、

大きいカーテンを取り付けたりと、自分好みの部屋を作り上げることができます❣

吹き抜けは和室にも洋室にも合わせられるため、

部屋のタイプにとらわれないのも魅力🥳

 

 

 

 

 

 

 

たくさんメリットがある中で、

もちろんデメリットも。

 

 

 

掃除がしづらい

光熱費があがりやすい

音やにおいが二階へ上がりやすい。 など。

 

 

吹き抜けのある家は、明るいため照明器具などの電気代は節約できそうです💡

 

エアコンは冬場の場合、暖かい空気は上に登ってしまうため部屋がなかなか暖まらず、

夏場は窓から入ってくる日差しが強いため暑くなってしまいがち😣

 

対策方法としては、床暖房を設置したり、

空気を循環させるためのシーリングファンやサーキュレーターなどを活用するなど💡

シーリングファンについては、夏場は下向きに送風することで涼しさを感じられます!
冬場は上向き送風にすることで空気が循環しやすくなるので、

暖かい空気が上の方に溜まることを防げます。

 

 

また、カーテンやロールスクリーンなどで

仮の天井を作ることで、空気の上昇を防ぐことが可能!

 

 

工夫次第で、快適な吹き抜けlifeが送れます🥰

 

 

 

 

家を建てるというのはとっても大きな買い物。

あれもこれもやりたいことを詰め込めるのが

注文住宅の良いところです♡

 

 

 

どんな些細なことも、お気軽にご相談ください🐰

 

 

 

ラインで相談

 

 

資料請求

 

 

Scroll to Top