睡眠に影響を及ぼす「温熱・音・光」

しっかり眠って健康になろう。

しっかり眠って健康になろう。

しっかり眠って健康になろう。

健康な日常生活を送るために、質の高い睡眠が不可欠です。
睡眠の質が低下すると、意識の低下、集中力の欠如、事故発生リスクの上昇、高血圧発症、肥満や糖尿病の発症など、快適な寝室の温熱環境は、夏季で室温26~28℃、湿度50~60%。冬季で室温15℃、湿度50%以上が適切と考えられています。
また音環境は、熟睡が可能な音のレベルは40dBまでといわれています。
家庭内用設備のエアコンですら、約41~59dBの音を発生させているので、健康的な睡眠を実現するには、冷暖房だけに頼らず、住まいの断熱・防音効果を高めることが大切です。
「生活騒音の現状と今後の課題」(環境省)
欧州WHO夜間騒音ガイドライン(2009)(騒音曝露と健康影響の関係)
Scroll to Top