株式会社 東武ニューハウス

【免許】宅地建物取引業 埼玉県知事(8)第11829号【許可】建設業 埼玉県知事(般-27)第37700号

〒347-0009 埼玉県加須市三俣1丁目32番地9 TEL:0120-015-431
資料請求
お問い合わせ
- 高性能のこだわり -

高断熱化によるアレルギー性疾患の改善

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

カビやダニの発生を抑えることにより、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピーなどのアレルギー性疾患の改善が期待できます。

高断熱のサッシや壁で外気の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制することができます。

断熱性能の低い家では、クローゼットの北壁の表面温度が2.8℃まで下がり、「結露・カビ」の発生する要因であることがわかります。

カビやダニの発生原因は、壁面に温度差ができ、その温度差により結露が発生。カビやダニにとって快適な「暖かく水分がある」状況ができることで壁内の繁殖が広がり、壁内から室内へ被害が広がっていくのです。

  • 断熱性能の違いによる室内壁表面温度の比較
  • 高断熱住宅への転居前後の疾病別有病率