高断熱化によるアレルギー性疾患の改善

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

断熱すれば「結露・カビ」が発生しにくくなります。

高断熱のサッシや壁で外気の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制することができます。
断熱性能の低い家では、クローゼットの北壁の表面温度が2.8℃まで下がり、「結露・カビ」の発生する要因であることがわかります。

カビやダニの発生原因は、壁面に温度差ができ、その温度差により結露が発生。カビやダニにとって快適な「暖かく水分がある」状況ができることで壁内の繁殖が広がり、壁内から室内へ被害が広がっていくのです。

断熱性能の違いによる室内壁表面温度の比較
高断熱住宅への転居前後の疾病別有病率
Scroll to Top