購入資金Q&A

購入資金Q&A
質問

自営業は住宅ローンが通りにくいでしょうか?

答え

いいえ、そうとは限りません。
ただし、一般的に会社員に比べると住宅ローンは厳しい審査になります。

事業用の借入がある方や確定申告で所得抑えてる方も是非ご相談ください。

 

審査が厳しいとはいえ、必要書類を揃えて頂きまして

金融機関の審査基準に適合していましたら借入は可能です。

質問

頭金が0でも100%住宅ローンで購入できますか?

答え

はい、できます。
金融機関によって、物資価格の100%のローンを組むことができます。
融資基準は各金融機関によって異なりますので当社スタッフまでご相談ください。

質問

カードローンや車のローン等がある場合、

住宅ローンを 組むのは難しいでしょうか?

答え

いいえ、状況により借入は可能です。
住宅ローンの借入希望条件と現在(カード、車ローン)の借入残高や返済年数、毎月の返済額を
総合的に判断して審査を行います。
ただし、審査によっては解約条件(住宅ローン借入時までに他のローンを完済し、解約すること)が
つく場合があります。
詳細に関しましては当社スタッフまでご相談ください。

質問

契約後、万一住宅ローンが借りられなくなった場合、
違約金は発生しますか?

答え

いいえ。ローン特約期限内であれば白紙解約できます。
多くの場合、売買契約書の約款に「万一、住宅ローンが借入できなかった場合、又は減額された場合は白紙解約」
となる条項が盛り込まれています。
白紙解約の場合、売主より手付金は返還され、当社への仲介手数料も発生致しません。

質問

リフォーム代金も住宅ローンとして借入することはできますか?

答え

はい、できます。
金融機関によって融資基準が異なりますが
「リフォーム代金」を「返済年数や金利などが住宅ローンと同じ条件」で借入することができます。
諸経費ローンや住み替えローンなどの商品もございますので
詳しくは弊社スタッフまでご相談ください。

質問

妻(夫)と収入合算すると住宅ローンの借入可能額は増えますか?

答え

はい、借入可能額は増やすことができます。
住宅ローンには「収入合算」制度があり、妻以外にも同居するご家族等の収入を合わせた年収を
ベースに審査をすることが可能となっております。
ただし、金融機関によって合算できる内容が異なりますので当社スタッフまでご相談ください。